おかたづけ

引っ越しやることリスト。無料ダウンロードできるリストあります

引っ越しやることリスト

pon
pon
引っ越しが決まったら何すれば良いの?
mone
mone
やることめちゃくちゃあったよ!!
めちゃくちゃありすぎて、都度調べてたらとんでもないことになりそうだったから、私リスト作ったの!!!

「引っ越しをしよう!!」と決めてから、何をすれば良いのかわからず調べると大量の情報が。
しかも中には期限が決まっていたり、契約の日付をミスるとお金的にも損することがあります。

そして、引っ越しを始めようと思って私が最初に作ったのが『引っ越しやることリスト』。
一覧にしとかないと忘れてしまいそうな程の項目があったので作りました。

https://twitter.com/mone_creator/status/1309134318158184449?s=20

無料でダウンロードして使えるので、一覧で見たい人はぜひ使ってみてください。

\ 無料でダウンロード /『引っ越しやることリスト』のDLへ

この記事はこんな人にオススメ

  • 引っ越しで何をすれば良いのか具体的に知りたい人
  • 手を付けるべき時期や注意事項やポイントも一緒に知りたい人

引っ越しやることリスト

それでは、リストにまとめたものたちをやらなければいけない順でより詳しく紹介していきます。
やらなければいけない時期ごとにまとめました。

引っ越し1〜2ヶ月前までにやること

まずは引っ越ししたいと思った1〜2ヶ月前に行うことたちです。

引っ越し1〜2ヶ月前

  1. 住みたい物件を見つけて不動産会社に問い合わせる
  2. 内見をする
  3. 新居の契約
  4. 現住居の管理会社に賃貸契約解約の連絡
  5. 引越し業者の見積もりと業者の決定
  6. 粗大ゴミの収集依頼
  7. 梱包作業開始(普段使わないものから)

住みたい物件を見つけるて不動産会社に問い合わせ

まずは住みたい物件を探します。
住みたい物件は『SUUMO』などの不動産サイトで探す方も多いかと思います。
実際私も『SUUMO』を使いましたが、おとり物件に当たることが多く、問い合わせたり店舗に行ってみては

その物件は契約決まっちゃってますね……

なんてことが5件ほど続きました。

「決まった」と教えてもらったにも関わらず、2ヶ月以上『SUUMO』に掲載されていたなんてこともあって、ちょっとモヤっとしました。
住みたい家と今住んでいす家が遠いと、取り扱っている店舗が遠く無駄足になるなんてこともありました。

ということで、店舗に行かなくてもチャットやテレビ電話で対応してくれる『ietty(イエッティ)で探すことにしました。
ietty(イエッティ)』はチャット型の不動産屋なのでお店に行かなくてもオンラインで物件を紹介してくれます。
チャットで自分の希望日を打ち込み、当日電話がかかってくるのを待つだけだったので実店舗に行かなくても良いのは時間的にも有意義でした。

何よりその場で希望条件の物件を親身に探してくれて、不動産会社しか見れない画面を共有しながら紹介してくれました。

\ チャットで無料相談できる /『 i e t t y 』へ

内見をする

賃貸

物件の申し込みが完了したのでお次は内見。
内見をせずにの物件契約はギャンブルなので、必ず見るようにしましょう。
内見をせずに契約して、住み心地が悪くまた引っ越し……なんてことになってしまったら、敷金・礼金・仲介手数料・引っ越し代……お金がいくらあっても足りません。

mone
mone
良い物件!!

と思って内見してみたら、ベランダ出て目の前に歩道橋があり人と目が合う……なんてこともありました。

内見をする時に見ておくと良いポイントも一緒に紹介します。
部屋の採寸は契約が決まってからできるので、申し込み段階のこの内見では、住環境や設備など住みやすさを主にチェックするとスムーズです。

内見する時に見ると良いポイント

  • 日当たりの確認
  • コンセントの位置
  • テレビ線やネット回線の位置
  • 共有部分の綺麗さ(ゴミ捨て場・エレベーター前・郵便受けなど)
  • 窓を開けた時の隣の家との距離感
  • 窓を開けての風通しの確認
  • ドアやキッチンのマグネット環境
  • 近くの環境(街頭やコンビニなど)

新居の契約

内見をして気に入ったら、審査の申請をします。
最近では、保証人をたてずに家賃保証会社の保証を使って契約するのが一般的になっているようです。
家賃保証会社の審査に通過したら、オーナーさん確認が入り契約です。

契約には住民票が必要になるので、準備しておきましょう。
マイナンバーカードを持っている人であれば、コンビニのコピー機で発行することができます。

旧居の管理会社に賃貸契約解約の連絡

契約が完了したら新居への入居日も決まるので、旧居をいつ退去するか報告します。
私の借りていた物件は、退去する時は1ヶ月前までに申請が必要でした。

引越し業者の見積もりと業者の決定

画像引用元:引越し屋での私の見積もり

引っ越し業者は一括で見積もりを比較したほうが時短になります。
何より引っ越し業者によって本当に差があるので安さを求める人は『引越し屋』で見積もりをしてみてください。
私は最初個別で見積もりをお願いしていて、毎度荷物の数や家電の種類など事細かに聞かれるのでそれが本当に苦痛でした。

引越し屋』では、現住所・新居の住所・移動人数・部屋の大きさ・マンションやアパートの設備・移動したいものの選択をすることで一括でおおよその見積もりを出してくれます。
各引っ越し会社から概算の料金がメールで送られてくるので、その中から自分で選び更に詳しくZOOMや訪問にて確定料金を出してもらいます。
比較ができるので安い引っ越し会社が一目瞭然です。

ちなみに、ZOOMでの見積もりは訪問よりも正確な荷物の量を把握しずらいので、見立てが甘くなり割高になるそうです。
ぜひお得にお引っ越しをするためにも訪問見積もりをしっかりしてもらいましょう。

ただ、一括見積もりをしてもらった次の日は、いろんな引っ越し会社から電話がきます。
一時……と思って私は我慢しました。

\ 一括見積もりで引っ越し料金をお得に!! /『 引 越 し 屋 』へ

実際に見積もり訪問をしてもらった結果

見積もり内容:1K+Sの物件。ベッドやダイニングテーブルは粗大ゴミとして出す予定なので見積もりには入っていません。一般的な家庭より本の量が多いです。

  • カルガモ引越しセンター/¥110,000
  • アーク引越センター/¥65,000

私は2社目に見積もりをしてもらったアーク引越センターに決めました。
しっかりヒアリングしてくれて

それができるならもう少しお値引きできます!!
と、最初に提示してくれた値段から更に割り引いてくれました。

粗大ゴミの収集依頼

意外と忘れがちな粗大ゴミ。
引っ越しを機に捨てたいものは出てくるかと思いまうす。

粗大ゴミの収集は予約をしなければいけないので1ヶ月前には確認しておくことが必要です。
実際私は1ヶ月先まで予約できる日にちに空きがなく、直前で気づいていたら引っ越しの荷物と一緒に粗大ゴミも運び出さなければいけないので、料金が更に上がってしまっていたことになります。

下の画像は、2021年6月17日に粗大ゴミの申し込みをした時の予約状況です。
1ヶ月後まで予約が埋まってバツ印になっています。

私の場合、退去日が7月末だったのでギリギリ間に合いました。

粗大ゴミを家から運び出すのが面倒な方や、引っ越しまでには粗大ゴミの収集依頼が間に合わなかった人は『不用品回収』を使うと便利です。

\ 不用品回収をお願いする /『 エ コ ノ バ 』へ

大きい粗大ゴミではなく、洋服や本はを一気に処分したい人は『リコマース』がおすすめです。

梱包作業開始(普段使わないものから)

引っ越し会社を決めた後、引っ越し会社から梱包資材をもらえるようなら貰った段ボールで少しずつ梱包を始めましょう。
もらえないようなら、近くのスーパーで段ボールを貰ったり、Amazonでも引っ越しセットが販売されているので資材を準備しましょう。

普段使わないものから詰めていきましょう。

この時期に梱包するもの

  • 季節外の洋服
  • 本やDVD
  • 普段あまり使わないものたち

引っ越し1週間前までにやること

ここからは、引っ越し1週間前くらいまでにやっておくことたちを紹介します。

引っ越し1週間前

  1. 鍵の受け渡し
  2. 新居の準備
  3. 役所系の手続き
  4. ライフライン系の手続き
  5. 粗大ゴミ・不用品の処分
  6. 冷蔵庫の運搬準備(前日)

鍵の受け渡し

鍵の受け渡し時期は、契約される物件によって時期は前後します。
鍵の受け渡しが終わったら、新居の採寸をしておきましょう。

旧居で使っているカーテンはそのまま使えるのか?
家具をどこに置くのか?
採寸してあると引っ越しの時に物をどこに運び入れてもらうかスムーズになります。

また、マグネット環境の確認もこのタイミングにしておくと良いでしょう。
ドアにマグネットでつける傘立てや、キッチンでマグネットが使えるかなどわかっていると、買い足しにも便利です。

新居の準備

旧居から引っ越しで運んできたものを入れ込む前に、やっておくと良いことがあります。
家具や荷物が入ってしまうと、どうしても作業がしにくいものもあるので!!
★が付いているものは、やらなくても問題はありませんが、やっておくと後々苦労しないことなので、余裕があったらやる事をおすすめします。

荷物を運び込む前にやっておくこと

  • 新居の電気・ガス・水道手続き
  • 傷や汚れの写真撮影
  • 床の拭き掃除
  • 電気・水・ガスの動作確認
  • バルサンで虫駆除(★)
  • レンジフードフィルターをつける(★)
  • コンロにカバー設置(★)
  • 食器棚シートの設置(★)
  • エアコン排水ホースの虫除けカバー(★)
  • エアコン防カビ対策・フィルター設置(★)
  • 鏡の曇り止め(★)
  • 撥水コート(★)
  • お風呂の防かび煙剤(★)
  • 通気口フィルター・換気扇カバーの設置(★)
  • 冷蔵庫マットの設置(★)
  • トイレ便器下のスキマフィル(★)

引っ越しに便利なアイテムを『楽天ROOM』にまとめてあります。
気になる人はこちらからチェックしてみてください。

『 楽 天 R O O M 』へ

役所系の手続き

役所手続きは必ず1週間前までに終わらせておきましょう。

必要な役所手続き

  • 転出届を提出
  • 国民健康保険の資格喪失手続き
  • 印鑑登録の抹消

ライフライン系の手続き

粗大ゴミ・不用品の処分

収集依頼で予約していた粗大ゴミたちを実際に処分しましょう。

粗大ゴミは、『有料粗大ごみ処理券』の氏名欄に収集日と氏名または受付番号を記入し、品目ごとに貼って、指定された日の午前8時までに、自宅の玄関、敷地の入り口など道路に面した場所(集合住宅、アパートの場合は専用置場または1階入口付近)に出してください。

冷蔵庫の運搬準備(前日)

冷蔵庫の運搬準備は前日に行います。
中身を空にして、コンセントを抜いておいて、搬送してもらう準備をしておきましょう。

1週間前くらいから食材を使い切るようにしたり、冷凍庫の氷を捨てておいたりしておくと、当日スムーズに搬送してもらえます。

引っ越し当日から引っ越し後までにやること

引っ越し当日〜引っ越し後

  1. 最終梱包作業(直前まで使っていたものたち)
  2. 引越し料金の精算
  3. 最後にブレーカーを落とす
  4. 新居ご近所への挨拶
  5. 荷ほどき・整理整頓
  6. 旧居の掃除
  7. 旧居のガス・水道の使用停止立ち会い
  8. 旧居の明け渡し・鍵の返却
  9. 役所系の手続き(2週間以内)
  10. 各種配達サービスの住所変更

最終梱包作業(直前まで使っていたものたち)

引越し料金の精算

最後にブレーカーを落とす

新居ご近所への挨拶

荷ほどき・整理整頓

旧居の掃除

旧居のガス・水道の使用停止立ち会い

旧居の明け渡し・鍵の返却

役所系の手続き(2週間以内)

各種配達サービスの住所変更

さいごに

引っ越しはやらなければいけないことがたくさんあります。
今回記事にまとめましたが、記事を都度見直すのも大変かと思います。
引っ越しやることリスト』を作ったので、1枚コピーしておくとすぐに確認できて便利です。
無料でダウンロードできるので、よかったら使ってみてください。

\ 無料でダウンロード /『引っ越しやることリスト』のDLへ

ABOUT ME
mone
コンセプトデザイナー|イラストレーター|マーケター|ブロガー 大切な人とのすれ違い生活を解消するためフリーランスに。フリーランス生活2年目になりました。 NikonとFUJIFILM X-T20愛用
YouTubeも更新中!!

毎週金曜日19:00に
手帳チャンネルを更新しています!!
チャンネル登録&高評価よろしくお願いします:)

YouTube へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA