私の本棚

絵でも心を掴まれる!!画力が高い漫画家の作品を紹介

おすすめ 漫画

こんにちは。
mone(@mone_creator)です。

イラストレーターをしているので、職業柄、絵が綺麗だったり画力の高い漫画にはついつい目がいってしまいます。

そこで、今回はストーリーももちろんのこと、絵が綺麗……画力の高い漫画家さんと引き込まれる世界観の作品を紹介していきます。

この記事はこんな人にオススメ

  • 画力が高い漫画家を知りたい人
  • 画力の高さから引き込まれる作品を知りたい人
  • 画力が高い漫画家の過去の作品も知りたい人

おすすめ漫画を紹介。我が家の本棚の何度も手に取ってしまう作品たち

漫画 ランキング
おすすめ漫画を紹介。我が家の本棚の何度も手に取ってしまう作品たちこんにちは。 mone(@mone_creator)です。 最近家のものを減らすために、断捨離してるんですけど、漫画の断捨離は辛い。 ...

[toc]

画力が高い漫画家|個性的な世界観編

まず紹介するのは、書き込み要素が多く、現実に存在しない世界を描き、あたかも読んでる私たちをその世界にのめり込ませてくれる漫画家を紹介します。

鳥山 明|代表作:ドラゴンボール

鳥山 明画像引用元:ⓒ 鳥山 明/集英社

動物・恐竜・メカのカッコ良さは、追随を許さないほどの人気。
正確な設計図というより、鳥山明先生ならではのデフォルメがまたいい味を出していてかっこいい。

元々デザイナーさんということもあり、構図や魅せ方、文字の入れ方など学べることがたくさんあります。

ドラゴンクエスト』の第1作目からキャラデザのお仕事もしています。

鳥山明先生の作品集『THE WORLD』は、『ドラゴンボール』『Dr.スランプ』を中心に『ドラゴンクエスト』、短編漫画のカラーイラストを収録しています。

荒木 飛呂彦|代表作:ジョジョの奇妙な冒険

荒木飛呂彦画像引用元:ⓒ LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

荒木飛呂彦先生の作品はどこか美術的。
作者自身も、ルネッサンス美術に影響を受けていると、『ユリイカ』で語っています。
1987年から30年以上連載されている『ジョジョの奇妙な冒険』は、あまりにも有名な作品です。

ファッションも特徴的で、2013年にGUCCIのウィンドウヴィジュアルとしてコラボレーションをしています。

荒木飛呂彦先生の画集は、いくつか発表されています。

ジョジョの奇妙な冒険』の1〜4部を中心に収録され、インタビューも盛り込まれたボリューム満点な『JOJO 6251 荒木飛呂彦の世界』。
5部完結記念で発表された『JOJO A-GO!GO!』はイラスト集・スタンドカタログ・荒木飛呂彦パーフェクトブックの3冊組みになっていておすすめです。
他にも、かなり値ははりますが『JOJOVELLER』は金箔ロゴに型押しのジョジョモノグラムがカッコイイ黒エナメル調豪華BOXもあります。

白浜 鴎|代表作:とんがり帽子のアトリエ

とんがり帽子のアトリエ画像引用元:ⓒ 白浜鴎/講談社

東京藝術大学デザイン科を卒業後に、フリーのイラストレーターとして活躍していた白浜鴎先生。

緻密で温かみのあるファンタジーな絵を得意としていて、御伽話や神話、魔法などを題材にしたお話ととてもマッチした漫画を発表しています。
とんがり帽子のアトリエ』は、2018年に第13回『全国書店員が選んだおすすめコミック』の一般部門で1位に選ばれています。

白浜鴎先生の画集は、完全限定受注生産で2019年11月に発売されていました。
モーニングの公式ブログで中身を少し見せてくれているので見てみてください!!私も欲しかった……。
造本・サイズ・内容…その全てが規格外の超豪華本! 完全限定受注生産品『とんがり帽子のアトリエ 複製原画集』、初回受注大反響につき再販が決定しました!

林田 球|代表作:ドロヘドロ

ドロヘドロ画像引用元:ⓒ 林田球/小学館

東京芸術大学美術学部の絵画科油画専攻していた林田球先生の絵は、平面の中にも立体感を出す工夫(同じイラストを重ねてみたり、艶を出すところに樹脂を使ったり……)を凝らしていています。

2020年に行われた『ドロヘドロ』の原画展は、間近で技法や書き込みを至近距離でみれて感無量でした。

もちろん漫画も面白く、ダークファンタジーを得意としている漫画家です。
アメコミが好きな人には、コレクトしたくなる魅力があります。

ドロヘドロ』を書店で見つけた時は、特殊印刷との相性が良いカッコいい表紙に思わずジャケ買いしてしまいました。

林田球先生は、漫画家以外にもイラストレーターとしても活動していて、『Bloodborne: THE DEATH OF SLEEP』など、本の装丁も手掛けています。

林田球先生の画集は、『ドロヘドロ』の作品を集めた『MUD AND SLUDGE』があります。
私も買いましたが、かなりの厚みと、『ドロヘドロ』の紙コミックスと同様印刷に凝っているので永遠と見ていられる逸品です。

画力が高い漫画家|躍動感編

登場人物であるキャラクターが、本当に飛び出して来るんじゃないかと思える程の躍動感で楽しませてくれる漫画家を紹介します。

井上 雄彦|代表作:SLAM DUNK

スラムダンク画像引用元:ⓒ 井上 雄彦/集英社

まだバスケットボールが日本のメジャースポーツになる前に描かれた『SLAM DUNK』は、日本のバスケ人気の火付け役になった作品です。

連載は6年間ですが、作品の経過時間は3ヶ月。
いかに1シーン1シーン井上雄彦先生が丁寧に描いていたか感じる作品です。

現在連載中の『バガボンド』は、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞しています。

村田 雄介|代表作:アイシールド21

アイシールド21画像引用元:ⓒ 村田雄介/集英社

村田雄介先生の作品は、動く瞬間のスピード効果や、迫力のあるアングルに定評があります。

アイシールド21』は、アメフトという激しい競技を、躍動感たっぷりな絵で楽しませてくれました。
連載中の『ワンパンマン』も、戦闘シーンに迫力があり人気な作品です。
影の付け方が繊細で、絵を書く人は漫画全てのコマが参考になる漫画家さんだと思っています。

他にもスパイダーマンやロックマンの集合絵や、ジャンプキャラ集合のポスターイラストも人気です。

画力が高い漫画家|書き込み量がスゴイ編

『神は細部に宿る』と言いますが、漫画も細部までの書き込みの美しさにはうっとりします。
画力が高い漫画家の中でも、とにかく書き込み量がスゴイ漫画家を紹介します。

大友 克洋|代表作:AKIRA

大友克洋画像引用元:ⓒ 大友克洋/講談社

圧倒的書き込み量の多さ、複雑なパースに定評のある大友克洋先生。

荒廃した街。
破壊シーンの細かさ。
機械。
どれも、大友克洋先生の画力あってこその魅力。

AKIRA』は1993年に完結した漫画ですが、2012年にあった原画展、2017年に渋谷PARCOの壁画、人気アパレルブランドsupremeとのコラボ、爆音映画祭では度々放映……などなど、完結してからも根強い人気を誇っています。

森 薫|代表作:乙嫁語り

乙嫁語り画像引用元:ⓒ 森薫/KADOKAWA

森薫先生の作品は、特にモノクロの漫画内部に書き込みを発揮されています。
背景、衣装、装飾品などの描き込み量がとにかく多い。
乙嫁語り』では、民族衣装へのこだわりがとにかく強く、見ていてうっとりする作品です。

乙嫁語り』は、2011年に『マンガ大賞2011』の2位を受賞、2012年に第39回『アングレーム国際漫画祭』世代間賞、2013年に『マンガ大賞2013』の2位を受賞、2014年に『マンガ大賞2014』では大賞を受賞しています。

三浦 建太郎|代表作:ベルセルク

ベルセルク画像引用元:ⓒ 三浦建太郎/白泉社

三浦建太郎先生の漫画は、黒のベタ塗りまでに到達するグラデーションの書き込み量がすごい。

特に『ベルセルク』はダークファンタジーということもあり、絵全体が暗いです。
そのため、陰影の表現に厚みを感じます。

画力が高い漫画家|リアル編

画力の高い漫画家さんの中でも、写実的で線が綺麗な漫画家さんを紹介します。

坂本 眞一|代表作:イノサン

イノサン画像引用元:ⓒ 坂本 眞一/集英社

私が初めて読んだ坂本眞一先生の作品は『孤高の人』。
2010年、第14回『文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞』を受賞しています。

孤高の人』は、生きている生への実感をクライミングと掛け合わせて描かれている作品で、写実的な坂本眞一先生の絵がより緊迫した空気とかけ合わさり魅入ってしまいます。

イノサン』もまた、フランス革命時代の煌びやかさも圧倒的な書き込みと美しさ、そして『死刑執行人』という題材が坂本眞一先生の作風とマッチしています。

中田 春彌|代表作:Levius -レビウス-

レビウス画像引用元:ⓒ 中田 春彌/集英社

中田春彌先生の作品は線が細く繊細。
Levius』は、人体と機械を融合させて戦う『機関拳闘』という格闘技を題材にしたスチームパンク作品。

『月刊IKKI』で連載していた作品で、休刊に伴い『ウルトラジャンプ』に移籍しました。
『月刊IKKI』の時に発売された単行本のジャケットがカッコよく、ジャケ買いしたのを覚えています。

中田春彌先生は、小説装画・アニメやゲームのキャラクターデザインのお仕事もされています。

小畑 健|代表作:ヒカルの碁

デスノート画像引用元:ⓒ 小畑 健/集英社

1枚絵を欠かせたら最強と言われている小畑健先生。
ミュシャのような繊細さを持った絵は、絵画的とも言われています。

作品は『ヒカルの碁』が一番好きですが、『DEATH NOTE』の夜神月の表情の変化は圧巻でした。
こんな繊細な絵を描くのに、絵を仕上げるのが異様に早いそうです。

さいごに

今回は目の保養になる作品ばかりを紹介しました。
画力の高い漫画家さんの本は、本の装丁を拘っているものも多く、本棚に並べると圧巻です。

漫画家さんやイラストレーターを目指す人にとっても、勉強になる本ばかりなので、自分の家の本棚にコレクションしてみるのもおすすめです。

おすすめ漫画を紹介。我が家の本棚の何度も手に取ってしまう作品たち

漫画 ランキング
おすすめ漫画を紹介。我が家の本棚の何度も手に取ってしまう作品たちこんにちは。 mone(@mone_creator)です。 最近家のものを減らすために、断捨離してるんですけど、漫画の断捨離は辛い。 ...

– fin –

 

ABOUT ME
mone
mone
コンセプトデザイナー|イラストレーター|マーケター|ブロガー 大切な人とのすれ違い生活を解消するためフリーランスに。フリーランス生活2年目になりました。 NikonとFUJIFILM X-T20愛用
YouTubeも更新中!!

『kurashicreate』の
YouTubeチャンネルができました!!
チャンネル登録&高評価よろしくお願いします:)

YouTube へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA