映画

映画をシナリオの側面から研究する『movie labo』。映画の「面白い」とは……

映画研究

こんにちは。
akira(@akira_movielabo)です。

これから『movie labo』と題して、シナリオ・物語の側面から映画の研究をしていきます。

その前に、ちょっとした導入記事をお届けします。
映画の『面白い』って何なのか考えるキッカケになればと思います。

映画の『面白い』とは

映画研究

突然ですが、映画の「面白い」とはなんなのでしょうか。

感動した。

泣けた。

ドキドキした。

スカッとした…

などなど、いろんな感情が湧き上がると思います。
ではその感情はどこから生まれてくるのでしょうか?

私たち人間、生きていればそれぞれ色々なドラマがあり、苦労や幸せを経験していくと思います。その経験から、心に刺さる映画ももちろんあるでしょう。

しかし、1960年に作られた映画を観ても泣きます。
おじいちゃん監督が作った映画でも泣きます。
異国の全く違う文化の人が作った映画を観ても泣きます。

時代も年齢も文化も違う人が、おそらく日本人に向けて作るなど全く考えていない映画を観ても、私たちは感動します。

こう考えると、とても不思議に思えます。

その答えは一体どこにあるのか。

それが『 物語 』です。

ハリウッド映画の平均上映時間は「98分」と言われています。
恋愛、SF、ホラー、青春……あらゆるジャンルの映画が「98分」で語れてしまうのです。

もし、面白いと言われる物語すべてに法則があったら?

映画をシナリオの側面から研究

これから始まる連載movie laboは、映画の分析と研究をしていきます。

分析と研究はシーンを止め、見直しながら書くので『Amazon Primeビデオ』や『U-NEXT』、テレビで録画したものを中心にご紹介していきます。

私自身シナリオライターを目指しています。
映画を、物語・シナリオの側面から研究し、一緒により深く「面白さ」を知っていきましょう!

映画研究に使う法則

スター・ウォーズ エピソード4』が公開されたのが1977年。

監督・脚本を務めたジョージ・ルーカスは1984年のインタビューで、

彼の本に出会っていなければ
私はいまだに
スター・ウォーズ・シリーズの脚本執筆に
追われていただろう

と語っています。

その彼とはジョーゼフ・キャンベルという神話学者です。

ジョージ・ルーカスが読んだ本『千の顔をもつ英雄』にはキャンベルが神話を分析して発見した「普遍的に人類の心をとらえる英雄物語の基本パターン」が書かれていました。

その法則を12の段階『ヒーローズジャーニー』と呼んでいます。
おもしろい映画が、本当に『ヒーローズジャーニー』に当てはまっているのか、movie labo』では研究していきます。

研究記事を読んでいく前に、『ヒーローズジャーニー』についてちゃんと知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

映画研究をする視聴環境

我が家の視聴環境を紹介します。
Amazon Primeビデオ』と『U-NEXT』がほとんどです。


Amazon Primeビデオ』は、Amazonプライム会員であれば月額500円に追加料金なしで楽しむことができます。年支払いでさらに安くなります!!

作品の入れ替えが、他の動画配信サービスに比べて多いですが、一期一会と思って楽しんでいます。

Amazonプライム会員自体、送料が無料になる特典や写真のストレージなど、動画配信以外の部分で登録したので、映画が観れるのはオマケのような感覚でいます。

といった思いの外たくさんの名作に出会えるので、まだ使ったことが無い人はぜひ使ってみてください。

Amazonプライム会員は、できることが思いの外たくさんあるので、知らない人はチェックしてみてください!!

U-NEXT』はとにかく作品数の多さ。
そこが決め手になりました。

さいごに

シナリオから読み解くmovie labo』は、「あのシーンのあの意図はいったいどういう意味があるんだろう」と思う所を私なりの見解からも紹介していきます。

『ヒーローズジャーニー』を元に研究していくので、こちらの記事もぜひご覧ください。

第1回目の映画研究は、ヒロイン役のエマ・ワトソンが魅力的だった『ウォールフラワー』です。

– fin –

ABOUT ME
akira
1990年生まれ。 映画を、物語・シナリオの側面から深く「面白さ」を知ってもらうために「movie labo」で連載スタート。 生粋のリバプールファン。
YouTubeも更新中!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA